Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

堺から明日香へ「竹内街道」サイクリング~その二、白鳥陵古墳から竹内峠~

May 30, 2017

まずは白鳥陵古墳を少し紹介します。

 

 

首先介紹一下白鳥陵古墳.

 

 

 

天皇の命で東に遠征していた日本武尊が伊勢の国能褒野で亡くなり、

その地に陵墓を作ったものの、

 

魂は白鳥となり空へ飛び立ち、

奈良の御所を経て、河内のこの場所(現大阪・羽曳野市)まで飛んできたそうです。

 

 

 

 

據說按天皇的命到東方出征的日本武尊在伊勢國"能褒野"不幸去世,

 

在能褒野作了墳墓,不過他的靈魂變成白鳥,向天飛起來,

經過奈良御所,最後飛到河內的此地方(現大阪・羽曵野市).

 

 

 

 

 

 

 

そこでこの場所にも陵墓を作ったのだそうですが、

能褒野ともう一カ所奈良の御所市にも陵墓があり「白鳥三陵」というそうです。

 

もし誰も教えてくれなければ、これが古墳だとはなかなか気付かないでしょう

まして有名なヤマトタケルのお墓だとは思い至らないでしょうね。

 

 

因此就在這裡做了陵墓,

除了能褒野和羽曵野的陵墓之外,奈良御所還有一個陵墓,這些陵墓被稱"白鳥三陵".

 

如果沒有人說,我們不會發現這是個墳墓.

更不會想到這是日本傳說中很有名的英雄,日本武尊的墓地.

 

 

 

 

さて、この辺りは住宅街なのですが、

竹内街道には写真のように表示があるので非常によく分かります。

 

這邊雖然是住宅區,

不過路上有竹內街道的標誌,

非常明顯,不會迷路.

 

 

 

 

 

 もちろん竹内街道の道標もありま     すが、

 道も多いので道標だけでは迷ってしまいます。

 

 

 

 路邊有時候有竹內街道的路標,

 不過因有很多路,

 只有石頭路標的話會迷路的.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正に、民家と民家の間の道、

路面に印がなければただの路地です。

 

 

 

這真的只不過是兩棟房子中間的路,

如果路上沒有標誌,就是普通的路而已. 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石川を越えて、

近鉄の線路沿いをひたすら東に進みます。

 

 

周りの景色もますます郊外の鄙びた景色に、

自転車をこぐのも快適です。

 

 

 

 

 

 

度過石川(河),

沿着近鐵公司的鐵路軌道一直往東走,

 

周圍的風景越來越顯得郊區的特色,

騎車也很舒服.

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると左手に大量の

ビニールハウス群が! 

 

 

そう、数日前お客様に何のハウスか聞かれ、答えられなかったやつです。

 

どこかで聞かなければ。

 

 

 

 過一會,在左邊出現大量塑料棚!

 

 

 對,就是上次客人問我是做甚麼植  

 物的時候,

  我沒能回答.

 

 一定要在甚麼地方問清楚.

 

 

 

 

 

 

 

        大体この辺りから太子町に入ります。

    大阪と奈良の県境ももうすぐです。

 

    つまり、そろそろ上り坂が始まるということです!!!

 

 

 

        大概從這裡開始進入太子町.

        已經離大阪和奈良的縣界不遠了.

 

        就是說,很快就要開始爬山了!!!

 

 

 

 さて、この辺りから上り坂が始まります。

 

太子町は竹内街道の道全体が茶色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   從這裡開始上坡路.

 

 

 

   在太子町,

   竹內街道的路面顏色和其他路不

   一樣,

 

   整個路面塗棕色.

 

 

 

 

 

 

 

 

 道沿いには色々な印があります。

 

 おかげで間違えずに進めます。

 

  

 路邊依然有不少標誌,

 

 因此我沒有走錯路.

 

路傍の花も細やかな心遣いです。

 

感謝ですね。 

 

 

 

路邊的花,很用心.

 

感謝!

 

 

 

 

 

 

 細い道をどんどん登っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

很窄的路,一直往上騎. 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ大きな国道に出るというところに

「竹内街道歴史資料館」があります。

 

この日は明日香まで行くつもりだったので見学しなかったのですが、

一つ大事なことを聞いておかなければいけません。

あのビニールハウス群はいったい何のハウスかということです。

 

資料館の方はとても丁寧に教えてくれました。

あれらはきっとブドウのハウスでしょう、と。

 

これでついにハウスでいったい何を作っているのか

知ることができました。

 

 

 

快騎到很大的國道的地方,有"竹內街道歷史資料館".

 

因為今天要道明日香去,所以我沒有進去參觀,

不過一個事情要問清楚,就是‘那些塑料棚是做甚麼的?’.

 

資料館的工作人員很認真的告訴我,那些可能是作葡萄的.

終於知道了,那些塑料棚是做甚麼的.

 

 

 

歴史資料館で休憩した後、

広い国道に出て峠を目指します。

 

いよいよ行きのピークです、

どこまでも上り坂が続きます。

 

 

 

 

在歷史資料館休息之後,

到寬大的國道往山陵騎.

 

這是往路的最辛苦的地方,

不斷地連續上坡路.

 

 

 

 

 

 

 

 峠近くに釣り堀が、

その後ろには二上山の雌岳が!

 

 

 

 

 

 

 山嶺附近有釣魚的池子,

 後邊可以看到二上山的雌岳.

 

 

 

 竹内峠の表示。

 

 

 

 

 竹內山嶺的標誌.

 

 

 

 

 

 

二上山へ登山ルートの入口。

 

 

 

 

還有去二上山的登山路的入口表示.

快到山嶺!

 

 

 

 

 

そしてついに県境、竹内峠までやってきました。

坂の向こうに奈良県が!

 

終於看到了"奈良縣"三個字,我到了山嶺了.

下坡路前面可以看到奈良的風景.

 

 

やっとのことで峠までやってきました。

本当に結構きついです。

 

当時歩いてこの峠まで来た方は、

奈良が見えた時、どんな思いだったのでしょう。

 

 

 

好不容易到山嶺來了,

真的很辛苦.

 

不知當時走路爬山的人,走到這裡看到奈良的時候有什麼樣的感想.